体重ではなく体脂肪を落とすことが重要

 

ダイエットをしていると、どうしても体重を減らすことに注力を注いでしまいます。

それは、当然のことかもしれませんが、体重計に乗り、その数値の減少に、あまりにも気をとられてしまうとダイエット失敗の原因にもなりかねません。

このように体重ばかりを気にすると、それと同時に基礎代謝量も減らしている可能性があるからです。

基礎代謝量と筋肉量は比例関係にあるので、基礎代謝量が減るということは、筋肉が消費されて筋肉量が減少していることにつながります。

この症状は、間違った手法のダイエットをしていることと等しいことになってしまい、一時的に体重が減って、仮に目標体重がクリアできたとしてもリバウンドにあう確率が高くなってしまいます。

ダイエットで真の意味で痩せるには、体重よりも体脂肪を落とすことに気を使うべきです。

基礎代謝量を低下させずに、つまり、筋肉を落とすことなく体脂肪を減らす努力をすることが、ダイエット成功への近道と言えます。

そして、体のあらゆる場所に付く体脂肪ですが、内臓脂肪を減らすことが健康への第一歩となります。

そのためには、筋肉を鍛える筋力トレーニングを中心に、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を加えると、さrに有効です。

そして、朝食や昼食を抜いたり、炭水化物を控えたりするなどの無理な食事制限は絶対に避けて、体が必要とする栄養をバランス良く摂れる食事を規則正しくとることが必要です。

これらのことをしっかりと行えると、体脂肪も減少し、本当の意味で健康的に痩せることが可能になります。