正しいシャンプー法で・・・

 

女性なら誰もが美髪に憧れると思います。

いくら綺麗にメイクしても、髪がパサパサでは、何となくだらしなく思えて美しさを感じなくなってしまいます。

しかし、髪が綺麗に整えられていると、それだけで清潔で美しく感じるものです。

そんな美髪をいつまでも維持するには、やはり正しいヘアケアが大切です。

しかし、意外と間違ったヘアケアを実践している人が多いようです。

そこで、ヘアケアの基本と言えば洗髪なので、シャンプーの仕方をおさらいしてみましょう。

まず、シャンプーの前に髪をとかします。

髪に付いたフケやほこりを除去するとともに、頭皮の皮脂の汚れなどを浮き上がらせることが目的です。

それから予備洗いです。

38℃くらいのお湯で地肌を洗い流します。

熱過ぎるお湯は乾燥の原因となるので、ぬるめのお湯で2分くらいです。

そして、シャンプーです。

手のひらでシャンプーを泡立ててから頭皮をほぐすように指の腹を使ってマッサージするように洗います。

髪を洗うのではなく、頭皮の皮脂や汚れを洗い流すことが、シャンプーの本来の目的なので、頭皮を意識して下さい。

シャンプー時間が長すぎると頭皮の油分を取り過ぎるので5分を目処に洗いましょう。

最後に、すすぎです。

2,3分を目処にシャンプー剤の洗い残りがないようにしっかりと洗い流します。

ここで洗い残しがあると、フケやかゆみなどのトラブルの原因になるので丁寧にすすぎましょう。

このように正しいシャンプー法はシンプルで簡単ですので、今まで、自分が行ってきたシャンプー法を見直してみて下さい。

もし、薄毛や抜け毛のお悩みを抱えているようであれば、シャンプー後に育毛剤の使用をオススメします。

ただし、育毛剤の中に含んでいる成分が、自分の頭皮に合わないということもよくありますので、使用した後に、フケやかゆみがでたり、赤くなったりしないか、しっかりとチェックして下さい。

 

 

肌の老化を防ぐスキンケア

 

肌が老化してくるとシミやシワ、たるみなどが増えて実際の年齢よりも老けてみられてしまいます。

そんな肌の老化を防ぐスキンケアとは、一体どのようなものなのか気になる女性は多いのではないでしょうか。

そこで、効果的なスキンケアを調べてみたところ、肌の老化を防ぐスキンケアには、内側からと外側からのアプローチの2種類があることが分かりました。

まず、肌の老化を防ぐスキンケアで内側からのアプローチに分類されるスキンケア法は、コラーゲンやプラセンタなどの美容に有効な成分を、普段の食事やサプリメントから摂取することです。

そして、美容に良いと言われているビタミンやアミノ酸などを意識しながら、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂り、毎日、十分な睡眠時間を確保するなど、規則正しい生活習慣を送ることが大切です。

次に、外側からのアプローチとして分類されるものは、スキンケアの基本である化粧品などを使ったケアです。

肌の老化は肌内部の水分量が減る乾燥状態が大きく影響を与えると言われています。

この乾燥肌は、保湿成分のセラミドが加齢の影響などで減少しているために起こる症状なので、セラミドやコラーゲンなどの保湿成分をたっぷりと含んだ美容液で潤いを与えて保湿すれば、乾燥を防ぐことができます。

いつまでも若々しく健康的な肌を保ちたい・・・、肌の老化が気になっている・・・、肌をなるべく老化させたくない・・・という女性は、ぜひ、肌の内側と外側からのアプローチを意識したスキンケアを実践してみて下さい。