肌の老化を防ぐスキンケア

 

肌が老化してくるとシミやシワ、たるみなどが増えて実際の年齢よりも老けてみられてしまいます。

そんな肌の老化を防ぐスキンケアとは、一体どのようなものなのか気になる女性は多いのではないでしょうか。

そこで、効果的なスキンケアを調べてみたところ、肌の老化を防ぐスキンケアには、内側からと外側からのアプローチの2種類があることが分かりました。

まず、肌の老化を防ぐスキンケアで内側からのアプローチに分類されるスキンケア法は、コラーゲンやプラセンタなどの美容に有効な成分を、普段の食事やサプリメントから摂取することです。

そして、美容に良いと言われているビタミンやアミノ酸などを意識しながら、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂り、毎日、十分な睡眠時間を確保するなど、規則正しい生活習慣を送ることが大切です。

次に、外側からのアプローチとして分類されるものは、スキンケアの基本である化粧品などを使ったケアです。

肌の老化は肌内部の水分量が減る乾燥状態が大きく影響を与えると言われています。

この乾燥肌は、保湿成分のセラミドが加齢の影響などで減少しているために起こる症状なので、セラミドやコラーゲンなどの保湿成分をたっぷりと含んだ美容液で潤いを与えて保湿すれば、乾燥を防ぐことができます。

いつまでも若々しく健康的な肌を保ちたい・・・、肌の老化が気になっている・・・、肌をなるべく老化させたくない・・・という女性は、ぜひ、肌の内側と外側からのアプローチを意識したスキンケアを実践してみて下さい。

 

美髪のためのヘアケアのアイテムは・・・

 

よく「髪は女の命」と言われますが、女性なら誰でも美髪を維持したいと思うでしょうし、実際に、ヘアケアには高い意識を持っていると思います。

そんな美しいツヤがある美髪は、健康的な身体に宿りますので、毎日の生活習慣が深く関わっていますので、まずは、規則正しい生活と栄養バランスを意識した食生活が大切です。

その上で、自分に合ったシャンプー剤で正しく洗髪することがヘアケアの基本になります。

そして、洗髪後のヘアケアをしっかりと行うことで髪にツヤを与えて、切れ毛や枝毛を予防することができます。

そんな中、ヘアケアにはさまざまなアイテムがありますが、悩みがちなのが「コンディショナー」「リンス」「トリートメント」ではないでしょうか。

名前は違うものの、効果については似たようなイメージがありますが、比較した時に、果たしてどんな違いがあるのでしょうか。

まず、コンディショナーは髪の表面をダメージから守ることができ、髪のコンディションを整えることができるアイテムです。

リンスは髪のきしみを防いで手触りを良くすることができます。

また、水分の蒸発も防ぎます。

トリートメントは、リンスやコンディショナーとは違い、髪の内部にまで浸透してダメージ部に栄養を補給し、内部から髪を整えることができるアイテムです。

トリートメントは、しっかりと髪を補修する作用がありますが、他の二つは髪の表面のみの効果となっています。

カラーやパーマなどで髪が傷んだ時など、髪の状態によって使い分けると良いでしょう。